2018年12月29日

ビルダーズ日記5:みどりの開拓地

初めてのかたはこのブログについてをご覧ください



前回でながーいモンゾーラ編が終わりました。
本記事では、モンゾーラからからっぽ島へ帰還したところを書きたいと思います。

モンゾーラ最終章、微妙なところで切るのもアレかなーと思って一気に書いてしまいましたが
書くほうも読むほうも疲れてしまいそうなので、ちょっとこまめにやろうかなー。
うーん。悩みますね。

ただ今回の記事はあっさり終わるので短いです。

ただいまからっぽ島

久しぶりのからっぽ島ですね!!
つーか開拓しまくっていったらもうからっぽ島ではなくなる気がするけどね。いつか名前変わるんかな。


2018122118451500-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg


ルル~!元気だったかー!
こんな何もない島で1人で寂しかったでしょうに。



2018122118452200-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

なんていい子なんだチャコ。


そしてシドーがルルに「しろじいに変なことされなかったか?」と心配します。


は?

何だその心配の仕方は。私というフィアンセがいながら?
もういいだろ変なことされてても(良くない)


2018122118453400-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

ならよかった!
言っておくけどシドーはあげないからな。
ルル個人では親友にはなれないレベルで友達になれるけど、シドー絡みはマジでお前・・・アレだぞ。アレだ。うん。



2018122118454000-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

ドルトンさんのことですね。以外に美声らしいぞルル。

そして船長がポストを設置してくれます。
島移動以外にも、毎日郵便のお仕事もしてくれるそうですよ。
無償なのにこんだけ働いてくれるってどんだけ社畜精神が備わっているのか。


2018122118455300-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg


お手紙た来た後その人の元へ行くと、新しい頼まれごとをされることがあります。
まだ働かせようというのか。
というかあれだけの大樹を完成させた君たちはちょっと部屋とかつくるくらいの技術は持っていると思うけどね。


とりあえずからっぽ島の精霊的なアレであるしろじいにご挨拶。


2018122118473700-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

じゃぁ「みどりの開拓地に行け」と言われます。
モンゾーラ出身の人々が住むにはいい場所だそうです。

ついでに、あのちいさなメダルについても説明を受けます。


メダルおじさんはいないけど、ちいさなメダルを集めているのはしろじいだったようです。


2018122118484700-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

2018122118485300-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

おま・・・とっておきだったのか。リボン。
しろじいのお古とかだったら嫌だなぁ。


みどりの開拓地へ

2018122118512700-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

からっぽ島の緑エリアを開拓するために石板を利用します。

この石板はいにしえのビルダーの遺志が遺されているらしく、思いついたかいたくレシピがここに表示されるそうです。
かいたくレシピを達成することでちいさなメダルがもらえるだけでなく、レシピの達成数によりビルダー装備がもらえます。
結構便利なものが多いので、できるだけ可能なかいたくレシピは達成しておくといいですよ。
勿論???となっているものもたくさんありますが。

そしてこの石板が開拓レシピになるということは、最初の体験版で石板を3つ見つけていたため、メインの島は3つということになりますね。


とりあえずこの3つはモンゾーラでもやってきたようなもんなので簡単そうです。
ちゃっちゃと終わらせましょう。


モンゾーラで手に入る素材は、ある程度持ってきてくれたようです。
ただそこに置かれると移動めんどくさい・・・。


2018122118515800-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg


では最初に川から。
しろじいからからっぽ島を案内してもらっていたルルが、川にうってつけの場所を見つけていたようです。




2018122118524300-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

こっちにはかわきのつぼがあるんです!水なんていくらでも流せますよ~


2018122119001700-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

言葉に気をつけろ。


2018122119010100-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

そうだねー結構ばっしゃーといけるからね!

結構イイ感じの川になりそうです!

2018122119012700-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

2018122119013000-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg


うんじゃぁルルはポンペとくっつけば良いよ。どうぞどうぞ。
ポンペって尻に敷かれてそうな感じだしね。ルルが似合うと思う。
でもルルは相手にしてくれなさそう。



2018122119024900-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

そうだねぇ・・・。
シドー、ものづくりしたそうだもんね。
なんともやるせない。


2018122119025200-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg


うわあ私そういうのに弱いの知ってて言ってる?!?!
どうしよう私がだんだん乙女になっていく!!
シドーが素敵すぎる。スクエニー!!!!(壊)


さて気を取り直して開拓を進めましょう。


2018122119030500-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

仕事すんのほぼみみずんじゃね?
どんぐりでも植えてくれるのか彼女たちは。


2018122119031100-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

名前を呼ばれないおヒゲことドルトン。
でも最初の「うさんくさいヒゲ」からしたらだいぶよくなったんじゃない?


川は適当にばっしゃーするだけなので楽です。
ただすっげー長い川なので、途中途中別のことをしたりしながら完成させていきます。

とりあえず上流の方は完了。



2018122119045300-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

はあ。


2018122119045800-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

う、うん。

2018122119051300-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

シドー公園(笑)

2018122119052100-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

2018122119052400-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

ドルトンの扱いな。
一応年長者だとおもうんだけど。


で川づくりに戻ります。
が、途中で途切れてしまっています。


2018122119060500-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

2018122119062100-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

土砂を壊すのならシドーさんもできますね!

2018122119063500-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

よろしく。

その間に私は草原づくりへ向かいます。

草原を作るためには草原だんごが必要ですが
そざいはもちろんトイレのつぼのアレ。


2018122119070200-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg


ジバコすげぇな。でもギャルって意外と勇気あるよね。


2018122119080200-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

最初だけはだんごの位置を教えてくれますが、その後は適当に自分で置くことになります。

そして「そのへんをブラブラしている」と言いつつも一定の距離で近くにいてくれるシドー。
もうそういうところが好き。はよ結婚しよう。


ある程度草原だんごを置いて草原をつくったらOKです。



2018122119163300-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

2018122119163600-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg


2018122119164400-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

2018122119165000-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg

はい。私もです。
いやシドーと結婚するのは私だから。何がなんでもルルを落とせポンペよ。


そしてそのポンペは、川づくりの途中で「おなかが減った」と言い出します。


2018122119245700-A6EC746914B41CB3D6A615B8B70850D0.jpg



ということで、次回記事ではそざい島へ行こうとおもいます。
ちなみにそざい島はマルチプレイ可なので皆で行くといいですよ!




posted by LEVI at 13:39| Comment(0) | DQビルダーズ2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする