2019年09月26日

イヴェルカーナ、ラスボス、ジンオウガとイャンガルルガ

初めてのかたはこのブログについてをご覧ください


モンハンアイスボーン記事!!!録画とかしてあったんだけどもう全然更新してなくてホントごめんなさいね…
ゲーム自体をやりまくってたから超データ溜まってた。転送するのにめっちゃ時間かかった。
こまめにやらないとダメですねぇ…

モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190906205615.jpg



この前あまりにブログ記事書かなさ過ぎてちょろっと書いたんですけど、
ここではタイトル通り、

・イヴェルカーナ
・ラスボス「???」
・エンドコンテンツ「導きの地」(詳しくは別記事で!)
・ジンオウガ
・イャンガルルガ

以上の5つについて書いていきたいと思います!
ジンオウガとガルルガについては、導きの地にて発生するものなのでちょっと導きの地の説明を挟みます。
導きの地自体の記事は別にまとめたいと思います!書くこといっぱいあるしね。


ではいきましょー!!!


看板モンスター「イヴェルカーナ」

冰龍イヴェルカーナ!氷の新古龍ですね。
アイスボーンの看板モンスターです。かっこいいー!!

モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190911134001.jpg



ワールドでいうネルギガンテポジションに当たる訳ですが…
ネギちゃんと同じなら、そのうち試し斬りに使われるようになり、ラスボスも他にいるということでしょうね。
そんな考えを巡らせながら戦いました。

ネギちゃん同様、一旦は撤退させてからの討伐。

というか、イヴェルカーナ討伐までは上位装備で来れちゃったという人も、このあたりで「マスター作らなきゃな…」って思ったりしたんじゃないでしょうか?!

氷を纏うので、尻尾斬っても氷で復活しますしね。あと尻尾細いので見逃さないよう気を付けてね。
ディノバルド同様地面突き刺さり系の尻尾です。つーかこの尻尾でグサグサやってくる攻撃超痛い。ホントやめて。

氷ブレスでの初見殺しもいいとこですよ!今作ではチャアクを愛用しているわたしですが、下からの突き上げはガ性ついてないと厳しい…ついてないんだけど…。

ちなみに「イヴェルカーナ」って名前なのでメスだと思ってたんですけど、ムービーで「彼」って言われているし、ハンターノートでのナナ・テスカトリの説明文で「ナナは古龍では珍しいメス」と書かれているので
コイツはオスです。というか古龍ほとんどオスなんだな。テオよりナナのがコワイけどな。古龍じゃなくてもレウスよりレイアのが嫌だしな。
モンスター界隈ではどうもメスのが強いらしい(?)


あと今までで言う凍土ではだるまになっていたのでだるま無効必須かー。とか思ってたんですが
だるまが実装されていない模様。雪で氷やられするけどね。


でコイツを倒して、看板モンスター討伐ー!ワールドで出ていた受付嬢の大切な謎の綺麗な石の伏線も回収ー!!ストーリー終了ー!!!
…なんてなる訳がないんですよ!!!!!!

だってコイツネギちゃんポジなんだもん。いますよラスボス。



ラスボス「???」

スクショがなかった。というか初見だったから見入ってしまったし、撮る暇もなかった。

アイスボーンを進めていくと、歌がどうこうとかレイギエナを追っているはずなのになぜかブラキやディノと戦わされたりするんですが
イヴェルカーナ討伐後に…!「モンスターハンターワールド:アイスボーン」ですからね。やっぱりきましたよネルギガンテ!!!!

「え?ネルギガンテがラスボスなの?ワールドだから?看板モンスはやっぱり捨てられない?」とか思って倒してたら
めっちゃしょっぱいものしか剥ぎ取れないじゃないですか。しかもなんか弱い。


とか思ってたらなんかめちゃくちゃデカいの来たじゃん?!?!?!?!
名前も「???」だし。何してくるかわからん…
「このモンスター考えた人絶対NARUTO好きだよ」って仲間内で話してました。

初期の岩状態では、顔、両手両足、背中、両羽を破壊することで真の姿が現れます。


モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190914015107.jpg


もう尾獣じゃん。なんなら尾獣玉撃ってくるからねコイツ。

デカいから耐震は必須かなぁ。あんまり「この組み合わせがオススメ!」とかいうの好きじゃないから書きませんけども。
あとコイツ地面を砂地にしてくるんだけど、そこ危ないからハマったらすぐ移動しましょうね。

乗り攻撃もできるけど、まぁ全然落ちてくれないし、ワールドでは耐えるんじゃなくて移動すれば攻撃をし続けられる仕様なんですけども
どこに移動してもコイツは無駄なので耐えるしかない。そうなると落ちない。ダウン取れないんですよね。
もし乗り攻撃をするとするなら、広域持った人がスタミナ回復をし続けてあげられるような感じじゃないと厳しいかもしれません。

ちなみにわたしがいるサークルではヒーラーが1人いるんですが、満足感の極意、キノコ大好き、早食い、広域がMAXでついてるので
ヒーラーの持ち物はキノコやジャーキーでいっぱいだそうです。そのお陰でわたしたち火力がゴリ押せるんだけどね。
わたしは特に脳筋なのでヒーラーが必須すぎる。ウチのヒーラーの装備とアイテムポーチは公開してもいいかもしれない。面白いので。



…話が逸れましたので戻します!!

ラスボスの岩状態、剥がれた状態共に、左下のミニマップに罠マークがあるのおわかりでしょうか?シビレ罠みたいなやつ!
アイスボーンでは新たに「クラッチクロー」というモーションが追加されたと発表されていたし、わたしの前回の記事でも書きました。
クラッチクロー、めっちゃ重要です。というかもうクラッチ攻撃ありきの体力だもんね。

このラスボス、クラッチクローのぶっ飛ばし攻撃でこの罠マークにぶつけると落石でダウン狙えるんですよ。
岩状態なら動きも遅いしおびき寄せてからぶつける余裕もありますが
剥がれてしまうと見えないレーザーで攻撃してくるので、おびき寄せようとして罠の前にいるとレーザー攻撃で罠が壊されてしまいます。
一番いいのは、レーザー撃つと反動で下がるので、その時にクロー攻撃で反転させてぶつけることかもしれません。
あとはもう運だよ。まぁでも落石なくても倒せるので大丈夫


で、コイツ頭が二段階破壊なんですよ。
一回目は頭に攻撃入れてれば割と余裕でいけると思います。傷がつく感じ。
二回目はちょっと難しいかもしれません。部位破壊する前に死んでしまう。

二段階破壊すると、剥ぎ取り素材がポロっと落ちます。

EFE1vLfUYAAkHz9.jpg


ちっさ!!!!!!こんなデカいくせに!!!!!

コイツ尻尾長いのにちょん切れないので、部位破壊で落とす部分といえばここしかありません。
部位破壊自体は他もできるんだけどね。何も落とさない。てかもうどこを部位破壊したのかわかんない。デカいから。

話に聞くところによると、皆この二段階破壊で苦戦してるっぽいですね。すぐ死んじゃうから部位破壊が難しい分、剥ぎ取り素材はもれなくレア素材となっております。
あとわたしは基本自分で目にしたことしか信じてない。自分で実践するか、検証動画を目にするか。
「~らしいよ」とか人から聞いた話とか信じないので、この部位破壊が難しいっていうのもあんま信じてません。
だからネガティブだけどオススメ装備とかも見てないの!自分で色々試行錯誤するのがゲームの醍醐味じゃない?(エンジョイ勢より)


っていう話をしておいて思いっきり矛盾するんですが、あくまで参考程度ということで。
上記画像を見ていただくとわかるんですけども
・チャアク
・片手
・大剣
・ヘビィ
で行ってます。

ヘビィでひたすら頭に徹甲榴弾入れて、スタンさせたところを大剣とチャアクの最大火力でぶん殴っております。
スタン4回くらいで破壊できたかな確か…。
だから途中で徹甲榴弾がなくなるので調合したり、戻り玉で戻って補充したりっていうのがあります。
ヒーラーもそんな感じ。「キノコが足りねえええぇぇ!」っていって戻り玉使ってます。ちなみに翼竜でここに来るんですがその瞬間にブレス喰らってリスキルされてました。可哀想。


頭二段階破壊するとこんな感じ。


EFE1vTHU4AEJ6V4.jpg


この部分がポロっと落ちたみたいですね。地味に舌でちゃってんのカワイイ。
でもスタン中とか特に麻痺中とかは目がかっぴらいているのでマジでコワイ。全然可愛くない。
わたしにとってモンハンは、モンスターの可愛さが何よりも重要なのです!!!!コイツ死なないと可愛くない!!!!目乾くでしょ!!!


こんな感じでやっと倒しましたと。
で名前がないのもなんか可哀想なので名づけられます。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190914021930.jpg


地啼龍 アン・イシュワルダ
だって!!!!!!名前難しいな!!!!!誰も覚えられてないのでもうラスボスって呼んでます。最近「シュワちゃん」と呼ぶようになりました

わたし、アイスボーン発売直前のYouTube生放送を現地へ見に行っていたんですが
古龍の名前はちょっと特徴づけてるらしいですよ。
テオテスカトルとかクシャルダオラとかめっちゃ語呂いいもんね。


上記画像はトロフィー獲得画面で勝手に撮られたスクリーンショットなんですが、見てください。「終焉と共に訪れる始まり」ですって。
つまり「俺たちの戦いはこれからだ!!!」ってことでしょ???
だってここまでで発表されてたジンオウガとかガルルガとか出てないもん。
ちなみに生放送ではジンオウガ討伐を途中まで実機プレイしていたんですが、「ストーリーを進めていく上で出会うモンスターですねー」って仰っていたので、ラスボス前にジンオウガに出会うと思っていたんですけど全然違った!!!!ストーリー終わった!!!!
というか、その言葉が本当だとしたら、これから予定されているたくさんのDLCはストーリーとして続いていくということになるよね?
直近だと10月10日にラージャンですね…。ラージャン発表の時はまぁ現地盛り上がりましたよ。すんごく。

というか拠点にいるそのへんのモブが「大団長ってほぼラージャンですよね」的な発言してたり、とあるゲームで「MHWコラボ」なのにラージャン出ちゃってたりしたから、ラージャン実装は今考えてみるとそういう時点で確定だったのかもしれませんね。

ジンオウガ、あの可愛さ本当にたまらん…。可愛すぎてめっちゃ狩っちゃうんだけど全然レア素材出してくれないんだよね。はー。

どうでもいいけどわたしは先程も書いたように可愛いモンスターが好きなので、ホロロホルル、ジンオウガ、ナルガクルガ、テオ・テスカトルが可愛くて大好きです。基本モフモフしたやつが好きです。アオアシラはそうでもない。
BGMとかも色々総合するとバルファルクも好き。というかバルファルクは実装されると信じている。

あ、今回のもう1つの新古龍「ネロミェール」可愛くないのでどうでもいいです。モーションで高く飛びあがった時は気を付けてね。ドカーンってでかいのくるので水から離れるかガードしてないと死んじゃうよ。
あとヒカリゴケで水が消えるよ。ミズタマリゴケじゃないよ。
水撒いて通電させてってタイプだからヒカリゴケ持っておくといいよ。それくらいです。


さてー、ではラスボスも倒したことですしジンオウガに会いに行きます!!
その為にはエンドコンテンツ「導きの地」へ!!!


導きの地


導きの地について、詳しくは別記事で書きたいと思います。
本記事では導きの地で出会うジンオウガ、イャンガルルガ等々のモンスターについてメインで書いていきますね。


でもそのためには導きの地の説明をちょっとしないといけないのでほんとちょろっと。


まず、導きの地は
・古代樹
・荒地
・陸珊瑚(「おか」さんごって読むらしいよ)
・瘴気の谷
の4つの地域で構成されています。

で各地域には地域レベルというものがあり、それを上げていくことで強いモンスターに出会うことができます。


こんな感じ。
もうちょっと詳しく書きたいけど長くなるからやめる。他の記事で書く!


ジンオウガですが、彼は古代樹に出現するので
古代樹に出現するモンスターをひたすら狩るか、鉱脈や骨塚を採取することで受付嬢が「ジンオウガ呼べるぜ~」って教えてくれます。

いざ討伐!!!


ジンオウガ



ホントはカッコイイムービー(PVで紹介されてたもののロングバージョン)があるんですが、見入ってしまった。
何てカワイイんだジンオウガ…。

ということで、やらせてみたかった縄張り争い。


モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190914215208.jpg


ちょっと…ゴメンねうちの片手ヒーラーが裸で走りながらキノコ食ってんの写ってるんだよ…ふざけんなよ空気読めよ…。
スクショ撮るのに一生懸命で、効果の切れた装衣を脱いですらいない。

余談ですが、装衣は効果が切れた後も着続けているとクールが上がりません。効果が切れたらとっとと脱ぎましょ。
逆に言えば、効果中でも移動とかで使わない場合は脱いでしまえばその時点からクールが上がるよ。


で、このジンオウガさん、今までの作品でダウンしたときに背中で虫網振り回してたの覚えてらっしゃいますか?
そうです超電雷光虫です。

今作はスリンガーがあるので、ダウンしたらスリンガーに捕獲用ネットを装備して背中にバサってやればゲットできますよ!!
ダウン中に虫を捕獲するか、攻撃を入れるかは欲しい素材次第ですね。

ただこの虫が捕獲できる状態の所謂「超帯電状態」では、スピードも攻撃力も格段にアップします。
ジャンプしてからの背中でドーン!(あの攻撃は「背中でドーン」だと生放送で公式が仰ってました)はめちゃくちゃ痛いので気を付けて!
でも超電雷光虫をとってしまえば強制的に解除することができるよ。虫寄せ行動はするけど超帯電になりません。
ダウン3回くらいとってバサってやるのを1人につき3回くらいかな?やれば超帯電することはなくなる気がします。
虫取りに回数制限があるんですよねー。


ダウンも今までとは違い、クラッチクローを使ったぶっ飛ばしでダウンさせることが出来るので
スタン、こかし、乗り以外でもダウンさせやすくなりました。

ちなみにぶっ飛ばしするときは左下のミニマップのモンスターアイコンが怒っていない状態(黄色の時)にしか出来ないのでご注意を。
ジンオウガは羽がないので当てはまりませんが、レウスみたいな飛ぶタイプは飛んでるときに顔にぶっ飛ばしすれば確定で落ちますこれも非怒り状態に限るよ!
更新:金銀レウスレイアはなんか落ちない…!!!!!!要検証だけども。
マスター級は閃光に耐性がついてしまいすぐ落ちてこないので、ぶっ飛ばしをうまく使ってくださいねー。
あと、顔にくっついてぶっ飛ばしするときに壁に向けなきゃいけないので〇ボタンでクロー攻撃をするかと思うんですが
これやると怒りゲージがもりもり溜まりますので気を付けて!顔の向き変えてる最中に怒るとぶっ飛ばしできなくなります。


で、ジンオウガはお持ち帰りしたいので捕獲。


モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190916011006.jpg


見てこの寝顔!!!!カワイイ!!!!!!!
口明けて寝てるとか超可愛いですねもう。
そういえばこれ観測してるNPCが言ってたんだけど、捕獲したモンスターはこうやって寝てる間に研究した後元いた場所に帰すらしいですよ。
尻尾とか切れてたりするのにね。ガルルガとか全身ボッコボコの状態で捕獲したりするからとんでもない状態で帰されてる。


さて、ではそんなボコボコにされるガルルガにいきましょー!!



イャンガルルガ

ガルルガは別にわたしの中で可愛いに入らないので、見入ることもなくスクショ撮ってました。


モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190916171153.jpg


喧嘩っ早いガルルガですが、ジョーに上から喧嘩売るとか強靭メンタルすぎる。


そして相も変わらず硬い!!!!!
だがしかし今回はクラッチクローがあるのだ残念だったなガルルガめ!!!

頭、尻尾、胴体(羽)にクラッチして傷をつけ軟質化させることで、めちゃくちゃダメージ通るようになります。
顔の部位破壊についてはどうも一回だけの模様。一回目の破壊で嘴に傷がはいってます。耳はついてる。

誰の血統だかわかりませんが動きはヤック先生だしサマソやるし…ホントコイツ…

重要なのは硬いのでクラッチクローで軟質化させること、上からの嘴ダイブが痛いことくらいでしょうか。あとはサマソに気を遣うのは彼女と同じ対処法ですね。
というか今までのガルルガを思い出せればそう苦労はしないと思います。

ということで捕獲。


モンスターハンターワールド:アイスボーン_20190916175306.jpg


うん、かわいくない。

このガルルガをクリアした時点でガルルガ装備は一覧表示されているのですが、どうも胴体にガルルガ歴戦個体の素材が必要なようです。

で、やべぇのはその歴戦ガルルガの方です!!!!

ガルルガはジンオウガ同様古代樹に出るのですが、マスターランクを70まで解放して古代樹レベルを6まで上げる
「傷ついたイャンガルルガ」が出現します。もしかしたら5でも出るかもしれない。ネギちゃん5でも出るっぽいし。(ハンターノートより)
歴戦ガルルガ、あの片耳ないあいつですよ…

これは録画してあります!!!チャアク視点なのでガルルガの攻撃モーションがわかり辛いかもしれません。
あと初見なのでパニクって操作がおぼつかない部分があります。ご容赦ください。

ボイスロイドで声をいれようかとも思ったんですが
とりあえず音声無しをどうぞ。





モンハンはこれからも狩猟動画をあげていくと思います。
「あっ大丈夫コイツよりは上手い」
って心の踏み台にでもしてください。


歴戦ガルルガはとにかく暴れ回るのと、さらに硬度が増しているのと、ブレスが強烈なことですかねー。
カメラワークが追い付かない。


とりあえずここまで

いつもの如く長くなりましたが、本記事はこれでおしまい!
導きの地についてはまたまとめたいと思います。まだMR100いってないから書けることも限られているんだけどね…


ラベル:アイスボーン MHW
posted by LEVI at 18:44| Comment(0) | MHW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

MHWアイスボーン!クシャルの抜け殻とかブルーディーヴァとか

初めてのかたはこのブログについてをご覧ください



はいお久しぶりです!!!!!!!

相変わらずのブログ更新怠っているやつですね!すみません!!!!!

本記事では9月6日に発売されたモンスターハンターワールド大型DLCであるアイスボーンについて書いていきます!
というかこれからアイスボーンの地(セリエナ)がメインになっていくので、
新しい地が開拓されない限りはモンハン=アイスボーンってことになりますのでよろしくお願いします!


さてさてー、モンハン自体は動画とかスクショとかめっちゃ撮ってあるので
ゆっくり更新していこうと思います!


で、さっそくちょっと矛盾してしまうんだけれども
本記事でアイスボーンのことを書くというか、アイスボーンをやっていてとりあえず早々に記事にしたいなーっていうところだけを抜粋。

モンハンだからさ…動画も録画してある訳ですよ。
ボイスロイドで声入れるか…そのまま流すか…どうしようねぇ…


あと!!!アイスボーンソロ狩り生放送を過疎ってる時間帯にやります!
地声が可愛くないので平日の昼間とか深夜とか…
YouTubeなのかTwichなのかとか全然決めてないんだけど、気が向いたら見てね!!!!



普段のプレイスタイル

アイスボーンになってから、マスターランクが解放されましたね。
そして全武器共通で「クラッチクロー」という新しいモーションが追加。
マスターランクは今までのモンハンで言うところのG級です。今でもG級とか言っちゃう。

クラッチクローは使い方次第ですが、これがあることによりモンスターに張り付いたり肉質を軟化させたりってことができるようになりました。
武器の人気度ランキング(ソース:古代竜人さん)も今までとはだいぶ変わっているようですね。
そもそもハンターもモンスターもマスター級新モーションが追加されてますしね。


色々触ってみてお気に入りのものを使うのが一番いいと思います。
ちなみにわたしはチャアクがほとんどです。
ダントツ人気は太刀ですね。格好いいしね兜割り。でも母数が多いから救難で乙るのはだいたい太刀とかいう悲しい結果に…体感だけど。
頑張って見切ってくれ!!!!



でまぁTwitterをご覧になっている方はご存知かもしれませんが、毎週土日は撮影予定が入っている訳で。
モンハンをゆっくり自分のペースでってなると平日しかないんですよね。
しかもマスター級になってからスロット4が追加されちゃったもんだから、もうどうしようねホント。
組み合わせ困っちゃうよね。

そのあたりについてはまた別記事で掘り下げていきたいと思います。
とりあえず、以下印象に残ったことを記録していきたいと思います。


印象1 レイヤーの撮影会

EE6sS6iUcAAh05m.jpg


いや何やってんの????

3人で来たんだけど、わたしテントでごそごそやってて、出たらこんなことになっていた。
ちなみにこの手前の奴はヒーラーで、満足感の極意(75%(70かもしれない)の確率で消費アイテムを消費しない)を身に着けているので
何故かキノコ食いまくっています。クエスト前だっていうのにカオスすぎる。


印象2 クシャルの抜け殻
EE1t582UYAAVc9t.jpg



アイスボーンは今までで言う凍土や雪山に相当すると思うんですけど、
クシャルの抜け殻がありました。なつかしーなー。

なんかクシャルって体鉄じゃん?錆びるらしいよ。だから脱皮するんだって。
その抜け殻が渡りの凍て地にありました。要望があれば行き方動画にするけど、たぶん誰かがやってるからいっか…。
ちなみにここで古龍のなんちゃら(超曖昧)が2か所で採取できます。


印象3 レア環境生物「ブルーディーヴァ」


ブルーディーヴァ.jpg


いや超可愛くない?????????

わたしインコ飼ってるんですが、もう超かわいい。ナニコレ。
しかも捕まえた流れがもう神だった。大好きなモンスターの1種であるナルガクルガを眺めていたら、目の前に降りてきた。
そのあたりはTwitterに既に載せてありますが、コスプレ画像もあるし見たくねーよって方はYouTubeにUPするのでお待ちください。


他にもあるんだけど…

ジンオウガが超可愛かったり、ナルガがめっちゃ可愛かったり、飢餓ジョーが気持ち悪かったりするんですが
そのあたり動画にしてあります。

でも大体初見プレイだし、装備も全然作り途中なのでご容赦くださいね…!

もし一緒にプレイしてやんぜって方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。PS4勢です。


ラベル:MHW
posted by LEVI at 03:14| Comment(0) | MHW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする